9才でお空に旅立ったMix犬レオのメモリアルです。
レオ12年目の命日、春夏夏秋そして春

今年の冬の暖かさに、妙な違和感を感じます。

何かが違う。

この時期、雪が一度も降らないなんて、

穏やかな日差しも、実は偽りでカモフラージュ?

今年はなんなく買えた冬咲くさくらも、

いつもはつぼみのはずなのに、その花数の多さに驚きました。

この時期に?

春、夏、夏、秋 そして春

そんな時代がこなけりゃいいけど。。。

  いやいや、悪いおとぎ話、

穏やかな新春を、素直に楽しめばいいものを、

 

たった数時間、

花ふぶき舞い散る春の1日があります。

そう、私が「うちのさくら」と呼んでいる、あの神社の山桜、

君といる時は気づきもしなかった、

ドラマチックな季節の変わり目です。

今年は花ふぶきに、

極寒の粉雪など重ね思い浮かべるのかしら?

やはり、なにかがちがう、

ボディーブローのように、でも確実に、

幸せに浸っていれば気づかない、微細な変化の積み重ね。

 

でもね、それでも、朝うとうとと耳傾けていたのは、

君といた日の幸せと、君の最後の温もりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 


レオの思いで | comments(0)
11年目の命日...最愛のレオへ

 
   路肩に積まれた雪の泥染みに、やがて来る春を想いました。

 とは言え、風に舞う粉雪、

 春はまだまだ先のことですが、
 私は車窓越しの粉雪に、花ふぶき舞う春の1日を重ねてみたりしています。

 

 最愛のレオの死から11年が経過しています。

 長かったような、すこぶる短かったような。。。


 慌ただしい日常で、ふと感じる風の音、草の香り、

 手のひらに受けた雪の冷たさなど
 諸々の感覚は、まるで君からの問いかけのようで、心和みます。

       元気。。?

    大丈夫、私は元気だよ、ちゃんと生きてるよ。。。


 今年もさくらの枝をレオに供えました。
 なかなか見つからず、大晦日の夜やっと出会えた冬咲くさくら、

   まるで君の、満面の笑みのよう。。。

 

    

 

 

 

 

           ご訪問ありがとうございます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


レオの思いで | comments(1)
レオ10年目の命日に
指の間からこぼれ落ちる砂の感触、
街角に潜むモンスター、 
数十秒の悪夢から目覚めれば、夜明け前でした。

あの日の焦燥感がよみがえります。

抱き上げたレオの最後のぬくもりを思い出していました。

ごめんねレオ、
数年前に1度だけあった前兆を見逃してしまったこと、
獣医師さんに全てをまかせてしまったこと、

君はまだ、ずっと私といっしょに生きたかったのにね、

東の空が、徐々に白んできています。

    晴れたらいいな。。。

今日は、レオ10年目の命日です。


年末に買った冬咲くさくら、
つぼみがふくらみ始めました。

雪を背景に開花して、3月まで花をつけ続けます。

それはレオの心のぬくもりのようで、
私に、ざわざわとした春の予感を届けます。






            桜 ご訪問ありがとうございます。











     


 

レオの思いで | comments(0)
レオ、9年目の命日に

雪降る夜の静寂に、
夜道を急ぐ1人の旅人を思い浮かべます。

街路灯の写し出す無数の雪ひらの中、
吐く息すら白くリアルな旅人は、
私の心がいわれなく作り出した不安という悪霊か、
あるいは永遠を行く真の通行者であるのかは、定かではありません。


世の中の誰とも関わりを持たず、帽子を目深にかぶった黒い旅人、 
地平をめざす姿は、 不気味でもあり、懐かしくもあり、


あの日から、レオが生きたと同じ9年の年月が流れています。
生きていくことの意味や、出会いと別れの不思議について、
答えを出すには長かったとは言えないまでも、
レオがいつも共にいてくれた9年ではありました。

伝えきれない言葉に代えて、今年もまたレオに冬咲くさくらを供えました。

その淡い花色は、私の心のなぐさめであることに気付きつつ。






       ご訪問ありがとうございます。










 


レオの思いで | comments(0)
もどれるとしたら、

 もどれるとしたら、レオ1才のころの夏休み、

 

友達4人とレオちゃんで、涼を求めて大滝を訪れた、

暑い夏の1日でした。

 

レオの小さなお友達が、「レオちゃんといっしょがいい」ときかなくて、

レオは、冷房の壊れているその子達の車の中で、「ハァ、ハァ、ハァ、」

 

あの子達は、どんな大人になったのかしら?

 

変わらずにと願った友情も今はなく、

暑い夏の記憶が、わずかに残るばかりです。

 

茫洋とした海が空と交わるあたり、

 

永遠をみつけたというかの詩人は、そこになにを見いだしたのでしょう?

 

めまぐるしく移り変わる日常の中で、

私は常に永遠の意味を君に問いかけるのです。

 

不可能を可能にしたら解けるのかもね。。。

 

もどれるとしたら、レオと過ごしたあの夏の日、

かがやいていた、あの暑い夏の1日へ、

 

  

 

 

 

 

     ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


レオの思いで | comments(0)
8度目の命日。。春待つ思い
あれから幾度、春を待ちわびたことでしょう。

心の奥底にある不安も焦燥も、

それらは、いまだ得体の知れない謎ではありますが、

時に、春待つ思いを持てばそれだけで、
自由にのびやかに生きていけるのだという安堵に変わります。

花のように明るい2月の雪も、凛として輝く冬の星座も、

春待つ思いで見上げた先に。。。 その先に。。。、

生涯、正しく生きていけば、またきっと君にあえる、

私は本気で、あの日の君との約束を信じているのだけれど、


冬咲くさくら、  春待つ思いで、今年も君に供えました。






       ご訪問ありがとうございます。






 

レオの思いで | comments(0)
月命日。。君達が教えてくれた
実は、助けられていたのは、私の方でした。

8月、連日の喀血の後、
クロスは、ほとんど瀕死の状態で2ヶ月を過ごしました。
でも、抱き上げ、手ですくって食べさせるマンマは、
最後までよく食べました。

大きく息をすい、ガウガウと一口ずつ飲み込むその様子は、
それを使命と受け止めているように見えました。

骨と皮ばかりになった姿は、壮絶そのものでした。

   なんで? もういいよ、苦しまなくて。。。


そのころ抱えていた商談が、クロスの病状の悪化で、
のびのびになっていました。
迷わず飛び込めば、大きな損失もあり得る話しです。

後に伝えたクロスの死も私の心も相手方に無視されて、
私はやっと気づきました。

どんな話しでも、心の通わない相手とタッグは組めないと、

  多分、これで正解。。。


私は、レオやチョビやリクやポーやクロスや、
なくした全てのものでできています。

君達が教えてくれたピュアな心に近づけば、
謎解きも決断も、その方向性は自ずと決まるもの。






    ご訪問ありがとうございます。







 

レオの思いで | comments(0)
月命日
しずまりかえった秋の空、

ひきずりこまれそうな空を見上げていると、
突然の突風に、舞い上がる木の葉、

ついでに私の心まで舞い上がったようで、
一瞬、木の葉といっしょに青空を漂った。

人の一生とは、こんな夢幻の類ではなかろうか、


現実の儚さと心細さに、
たまらなく君に会いたくなったりしています。






        ご訪問ありがとうございます。






 

レオの思いで | comments(0)
月命日。。いっちゃうの?クロス
レオをなくしてから、チョビ、リク、ポーと、3匹の犬をなくしています。

そして今、迎えたばかりの友、クロスの命もつきようとしています。

8月に入ってから、連日血をはいたクロスは、
喀血はなくなったものの、今、寝たきりになっています。

ここ数日、食事もとらず横たわっています。

もはや、万策尽きたという感じ、

目の見えない子でした。耳の聞こえない子でした。
重度のフィラリア症を患っていました。

せっかく手に入れた安住の地で、その幸せにひたることなく、

いっちゃうの?クロス

背負ってきた重荷の、百分の一もいっしょに担えなかったね。


レオをなくした時同様、相変わらず無力であるとするならば、

私は、生きていくことのうしろめたさばかり感じます。






       ご訪問ありがとうございます。







 

レオの思いで | comments(0)
月命日。。わかるよ、わかる。。
「朝起きると、夢だったのかと思うんです。」

彼女の胸の内を思えば、言葉もありません。

あまりに辛い現実をつきつけられると、
めざめの前のほんの1秒、現実はまるで悪夢のようで、 
平凡な日々の幸せこそが現実と、夢の中で願うもの。

レオをなくした時、私もそうでした。

だから、わかるよ、わかる。。

でも、たちむかっていくことのしんどさをかみしめているその人に、
どう伝えればよいのでしょう?

ただ、私達はいっしょにいるよとだけ、

めげそうな時も、気持ちをふるいたたせる時も、
いつもいっしょにいるよとだけ伝えたい。




     ご訪問ありがとうございます。






 

レオの思いで | comments(0)
1/14 >>



CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -犬ペットロス-
    にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットロスへ
    にほんブログ村

    -犬ブロブ村へはこちらから-
    にほんブログ村 犬ブログへ

    -ラブラドール-
    にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
    にほんブログ村


    素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea